海上コンテナ輸送

神戸港内を中心に、港にコンテナを運搬しています。

国内で取り扱う国際海上コンテナは、軸数が2軸の高速用牽引トラクタに連結された専用シャーシーを使用したトレーラーで輸送されます。それらの牽引トラクタと輸送用トレーラーの車両についてご紹介します。

牽引トラクタの車両について

海上コンテナトレーラーを牽引するトラクタの車両は、一般的にカプラー(連結機)にかかる第5輪荷重が9トン程度、軸数が2軸の高速トラクタの車両が使用されます。最近では、規制緩和による40フィートコンテナフル積載対応の第5輪荷重が11~11.5トン程度のトラクタも使用されています。

輸送用トレーラーの車両について

20フィートコンテナ積載用シャーシー

長さ20フィートのコンテナ積載シャーシの車両は、後車軸は主に2軸が採用され、一般的に使用される「標準床」の車両は地上からコンテナ積載部分までの荷台の床高寸法が約1.2mに設定されています。

40フィートコンテナ積載用シャーシー

長さ40フィートコンテナ積載シャーシーの車両は、後車軸は20フィートコンテナ積載用シャーシーと同じ2軸が採用され、荷台の床高寸法も同じ約1.2mに設定されています。また最近では、規制緩和により、フル積載対応の後車軸が3軸のトレーラーも使用されています。

20/40フィート共用コンテナ積載用シャーシー

前述の40フィートコンテナ積載シャーシーの車両に20フィートのコンテナも積載できるように製造された汎用性のあるトレーラーです。したがって、後車軸は、通常の2軸仕様とフル積載対応の3軸仕様の車両があります。

20フィートタンクコンテナ積載対応シャーシー

前述の20フィートコンテナ積載シャーシーの車両と比較して、消化器が備わっていたり、車両の軸重規制の対応や後部追突時の安全性の確保等の為に、全長及びリヤオーバーハングの長さが長くなっているのが特徴です。後車軸は主に2軸が一般的ですが、最近では小輪扁平タイヤを採用した3軸車両なども見かけます。

16輪セミトレーラー

基本的にコンテナを専用に積載する車輌ではありませんが、フラットラックやオープントップのコンテナの幅や高さの寸法を超えた積載物を輸送する場合に、例外として使用されます。

 

コンテナの種類

鮮度保持用冷蔵コンテナ

標準タイプ 20フィート
収納物/用途の例 松茸・球根・カーネーション・スイートコーン・メロンなど

冷蔵/冷凍コンテナ

標準タイプ 20/40フィート
収納物/用途の例 酒類・薬品・種子・茸/水産物・食肉製品など

一般ドライコンテナ

標準タイプ 20/40フィート
収納物/用途の例 防災備蓄・倉庫・物置など

改装/改造ドライコンテナ

標準タイプ 20/40フィート
収納物/用途の例 事務所・小規模店舗・民宿・山小屋・車庫・更衣室・便所など

タンクコンテナ

標準タイプ 20フィート
収納物/用途の例 多岐にわたる液体輸送・貯蔵など

コンテナの外装材料/重さ/内容積/寸法

20フィート

一般ドライ、改装/改造ドライ

外装材質 スチール
重さ 2250kgs
内容積 約33㎡
寸法 (外寸)高さ2.59m   x   幅2.44m   x   長さ6.06m
(内寸)高さ2.39m   x   幅2.35m   x   長さ5.90m

鮮度保持用、冷蔵/冷凍

外装材質 アルミ
重さ 2700kgs
内容積 約28㎡
寸法 (外寸)高さ2.59m   x   幅2.44m   x   長さ6.06m
(内寸)高さ2.24m   x   幅2.27m   x   長さ5.48m

40フィート

一般ドライ、改装/改造ドライ

外装材質 アルミ
重さ 3800kgs
内容積 約68㎡
寸法 (外寸)高さ2.59m   x   幅2.44m   x   長さ12.19m
(内寸)高さ2.39m   x   幅2.35m   x   長さ12.03m

鮮度保持用、冷蔵/冷凍

外装材質 スチール
重さ 4500kgs
内容積 約66㎡
寸法 (外寸)高さ2.90m   x   幅2.44m   x   長さ12.19m
(内寸)高さ2.50m   x   幅2.23m   x   長さ11.60m

(注)コンテナの種類によっては、重さ/容積/寸法が異なる場合があります。